2010年12月25日土曜日

緊急避妊薬「ノルレボ」が承認、販売へ

緊急避妊薬「ノルレボ」が承認、販売へという記事を見たが、ようやくここまで来たかという感じで歓迎したい。

今までこうした緊急避妊や中絶に否定的な考えの人も多いようなんだけど、望まない妊娠なのに産まなければいけないというのは、女性の状況によっては負担が多いと思う。また、性被害において緊急避妊が必要な場合もあるが、中用量ピルでは副作用もあったらしい。
今回の緊急避妊薬は性行為後72時間以内に服用すれば妊娠の確率が4分の1に減り、副作用も少ないそうなので、女性の負担も少なくなるだろう。
販売とあるが、これは医師の診断後に受ける事が出来るということよね。詳しくはもう少しかかると思うけど。。。

望まない妊娠防止の緊急避妊薬、来春にも発売 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 厚生労働省の薬事分科会は24日、コンドームが壊れたり、性犯罪の被害に遭ったりした女性が、望まない妊娠を防ぐために服用する緊急避妊薬「ノルレボ」の承認を決めた。

 来春にも発売される。

 ノルレボ(成分名レボノルゲストレル)は女性ホルモンの一種の黄体ホルモンの製剤で、排卵を止める効果がある。性行為後72時間以内の服用で、妊娠の確率が4分の1に減り、副作用も軽い。欧米など48か国で承認されており、製薬会社「そーせい」(東京)が昨年、承認申請していた。

 従来の緊急避妊は月経周期異常などの治療薬(中用量ピル)が主流。警察庁も性犯罪被害者に、その費用を助成してきたが、嘔吐などの副作用が強く、産婦人科医らが導入を要望していた。