2012年3月7日水曜日

とある米海軍の超電磁砲、次世代戦闘艦の初期造艦間に合わず

米海軍が開発中の「レールガン(超電磁砲)」ですが、どうも開発が遅れており、2015年就役予定の次世代戦闘艦「ズムウォルト級ミサイル駆逐艦」への搭載は初期造艦には間に合わないと判断されているとのことです。

とある科学の超電磁砲、米海軍が開発中の「レールガン」プロトタイプ発射実験映像:カラパイアとある科学の超電磁砲、米海軍が開発中の「レールガン」プロトタイプ発射実験映像:カラパイア
米海軍では次世代戦闘艦の砲塔としてレールガンを搭載することを予定している。